先週の形上のドローン映像は、新しいドローン(DJI AIR2S)で初めて撮影しました。


ドローンはまだ発展途上なので、少し前のスマホやパソコンみたいに数年ですごく進化しているし価格も落ち着いてきているので、たまに新しい機種に変えています。
ここ数年で何が進化したかというと

○小さく、軽くなった。
小さくなって、さらに機体もプロペラまで折りたためます。
重さも以前の半分以下595gです。
持ち運びは機体、送信機、バッテリー含めてサイドバック位に入ります。

最初に中古で買ったphantom3スタンダードは大きかったです。
重さは1216g
持ち運びはリュック、アルミケースの時もありました。
CA3I0559
IMG_20180523_182747

4年前、初めてのドローン撮影です。


○安全になった
・高度な(高価な)機種ほど衝突回避センサーが多くて(前 + 後ろ + 左右 + 下 + 上にセンサーがついています。)、建物とか木なら自動的に止まるか、避けて飛んでくれます。
・送信機のボタン一つで飛び立った場所(GPSで記録されている)に戻ってきてくれます。
・遠くまで行きすぎて、電波が途切れたら飛び立った場所に戻り始めます。帰還中に電波がつながったら再び操作可能になります。
・帰還できるだけのバッテリー残量になったら、自動的に帰還を始めます。
・以前の機種は、機体と送信機の電源をいれてもなかなかアプリと繋がらないことがありましたが、最近の機種はすぐ繋がります。
・最大風圧抵抗約11m/sでウインドでいうと5.8のセイル位の時は撮影できそう。
その時はウインドしてるのでチャレンジしてませんけど。

○遠くまで飛べる
スペックでは今の機種は8km先まで飛べます。
最初のphantom3スタンダードは500mでした。
ちなみに高浜の海岸が直線で約450m、脇岬の駐車場からカジカケまで約1250m
浜崎のいつもの駐車場から唐津城まで直線で5,260m
行けそうだなー

○長く飛べる
今の機種で31分、phantom3スタンダードは25分
バッテリー1本で飛べる時間です。

○カメラが向上
最高5.6Kで動画が撮れます。
実際、4Kまででしか撮らないですけど。センサーが1インチになって暗さ(夜景)にも強いらしいです。
phantom3スタンダードでも2.7Kで撮れました。

○静かになった。
プロペラの風切り音がphantom3スタンダードからしたらものすごく静かになりました。
ひとつ前の機種と比べてもわかるくらい静かです。

ってことで、最近のドローンは買ったらすぐ安全に飛ばせます。
こんな感じ


飛ばす場所によっては許可は不要だけど、一応、国土交通省の許可は取っています。ちなみに保険も入っています。
スクリーンショット (39-1-1)
スクリーンショット (40-1)